高齢者が大好きなスイーツ

main-img

高齢者となると、食べ物の好みがかなり変化するようになります。正確に言えば、自分の歯の状態や体調面から考えて楽に食べることができるものを好んで食べることになります。


高齢者と言われる人でも大食漢の人はいますし、肉や魚など好き嫌いなくなんでも食べる人もいらっしゃいます。

歯の状態が悪ければそこまで硬いもの、咀嚼がかなり必要なものは食べたいと思わなくなりますし、肉などの重たいものを食べて胃もたれを起こすようになれば、好き好んで胃もたれを起こしたい人はいませんから、自然とそれを避けるようになります。

博多もつ鍋がとても人気であることがわかります。

食事をすることで不快な状態に陥ることのないようにしていく過程で、食べ物の好みは変化していきます。

最近気になった東京のすしの情報をご説明します。

こうした変化はスイーツにも言えます。今までは生クリームが大好きだったのに急にそれが受け付けなくなる高齢者の人も多くいます。

あんこが大好きな人が多い印象もありますが、こうしたあんこ1つとっても、つぶあんやこしあん、白あんなど様々あり、ある年を境に特定のあんこしか受け付けなくなったという人もいます。
その中で根強い人気があるのは大福です。

老人の食事を知りたいならご活用ください。

大福はお餅と一緒にあんこを食べるため、あんこの甘さが大福で中和されます。
すると、甘ったるさがなく、胃もたれもすることなく、食すことができるようになります。気を付けたいのはお餅をノドに詰まらせるということですが、大福だけで食べるとさすがに甘さが口に残りやすいため、お茶と一緒に食べる人がほとんどです。

暮らしを豊かにしてくれるスカイツリーのレストラン情報を調べるならこのサイトです。

その過程で詰まらすというリスクを減らすことができます。

スカイツリーのレストランの情報を手に入れてみませんか?

最近注目されているのが砂糖菓子です。

http://www.asahi.com/and_travel/articles/SDI2016072830901.html

お茶菓子として出されるようなもので、お茶と一緒に食べることで少ない量で満足感を得ることができます。
大福はかなりの量があり、1個食べただけでかなり満腹感が出てしまいますが、砂糖菓子はある程度の量で抑えることが可能です。

最近では和三盆など体にやさしい砂糖、糖類が出ており、それで作られたものを食べることで健康に気を遣うこともできます。
また、お団子もまだまだ定番のスイーツです。高齢者になると味の好みだけでなく、新しい食べ物に関する警戒感が出てくるようになり、特にスイーツは様子見で食べていくことになります。

http://www.sankei-digital.co.jp/news/pdf/20090204_press.pdf

生クリームの油分、スイーツ特有の甘さ、マカロンに代表される、あまり見たことのない色の食べ物など、何かと警戒されてしまいます。

自分の祖父母などにお菓子を持っていく場合、大福やお団子など無難なものになりがちですが、結局自分もそれを食べることになります。

http://www.sankei-digital.co.jp/news/pdf/20090204_press.pdf

その際におすすめなのが果物をふんだんに使ったスイーツです。特にゼリーなどは果物の良さが詰まっており、おいしく食べることができますし、高齢者も警戒感なく食べることができます。


お歳暮やお中元でもゼリーの詰め合わせは重宝しますが、一緒に食べる場合、お土産で持っていく場合でも同じように有効に働くため、頭の片隅にでも覚えておくことで、困ったらゼリー、もしくは大福を買うことができるようになります。


関連リンク

subpage01

健康弁当の宅配システムは高齢者向け

近年は医学も急速に発展しており、寿命が延び、高齢化社会と揶揄されるようになっています。しかしいくら長生きしても、身体が健康で元気でなければ意味がなく、人生も楽しめません。...

more
subpage02

高齢者は養生の基本に忠実な食事を実践すると健康的

高齢者は養生の基本に忠実な食事をすることによって、延命長寿の習慣をさらに続けることが可能になります。若い人と同じような食べ方をせずに、年齢や体力にも合わせることによって、健康は自然な状態で増進していきます。...

more